編み物をはじめたいけど、本を見てもよく解らない。
身近に教えてくれる人もいないし・・・。
そんなあなたのために、基本の編み方を動画で紹介します。




まずは基本のくさり編みです。
くさり編みは作品を編む時の作り目になります。
目が詰まった編み方です。
あみぐるみなどに多く使われます。

最も多く使われる編み方です。
長編みを応用して色々な編み方をすることができます。
編み目同士をつないだり、モチーフをつなぐときによく使われる編み方です。






一般的に使われる作り目の方法です。
この作り目が1段目になります。
マフラーを作る時などに適しています。
正しい持ち方をすれば、編み目も揃い、スムーズに編むことができます。

棒針の基本となる編み方です。
表編みと裏編みを1段ごとに交互に編むことで、メリヤス編みになります。
棒針の基本となる編み方です。
表編みと裏編みを1段ごとに交互に編むことで、メリヤス編みになります。

編み終わりの目を止める方法です。
 

編み目記号は、表から見た図になっています。
そこで、1段ごとに編み地を引っくり返して編む、往復編みの場合には偶数段は編み目記号の反対側を編むことになります。

奇数段を表編み、偶数段を 裏編みで編みます。
奇数段を裏編み、偶数段を表編みであみます。

奇数段も偶数段もどちらも表編みで編みます。
1目ごとに表編み裏編み表編み・・・と交互に編みます。


※ 動画をご覧になるには、QuickTime Playerが必要です。
最新版のダウンロードはこちらから>>




株式会社オカダヤ http://www.okadaya.co.jp/
Copyright(c)1997 OKADAYA Co.,Ltd. All Rights Reserved.