布・生地と手芸用品の専門店オカダヤ[okadaya 新宿]布・生地と手芸用品の専門店オカダヤ[okadaya 町田]手芸用品や手作りキット、編み物の専門店ホビースクランブル手芸用品や手作り・ハンドメイド材料の専門店マーノクレアール下着・ランジェリーショップ/販売のアンテシュクレ

制度・教育 | 採用・求人情報 | okadaya | 手芸用品・手芸材料の販売/専門店

手芸とランジェリーの専門店:オカダヤ

採用・求人情報

制度・教育

制度・教育

オカダヤは「グッドカンパニーNo.1」を目指し、「顧客満足」を提供することをモットーにしておりますが、顧客満足(CS)のためには、従業員満足 (ES)が必要不可欠と考えております。従業員満足のない会社がいくら顧客満足を唱えても、お客様にご満足していただけるサービスや商品をご提供する事はできないと考えられるからです。
オカダヤでは、全スタッフの満足度を高めるために、「やりがいや達成感を感じられるような仕組み」「研修や教育により成長を促す環境」に力を入れております。

「やりがいや達成感を感じられるような仕組み」とは

年功序列を廃止し、よく頑張った人の「能力」と「成果」が評価され、給与体系や昇降格に反映されるような制度です。「資格等級」と「コース」に基づき、賃金・評価・昇格などの人事処遇や人材育成を行ないます。また、業績向上・組織目標達成のための「目標チャレンジ制度」も行なっております。

【資格等級】

オカダヤでは総合的な能力に応じ、4つのレベル(一般・リーダー・専門・経営)と9つの資格で区分しています。各資格への昇格は社内試験を行い、公平かつ客観的に判定します。

【コース】

1 セールス職
接客のプロをめざし、販売業務に専念していただくコースです。当社にとって最も重要な職務です。
2 マネジメント職
関連分野を含む広範で詳細な専門知識を有し、一定の責任と権限の範囲の中で管理監督者としての業務を行なうコースです。セールス職・スタッフ職を経て、会社が期待する能力やスキルを身に付けた方が選択できる職務です。
3 スタッフ職
担当分野の専門家として、営業活動を支援するコースです。

【目標チャレンジ制度】

立場や職種にかかわらず各自が担当業務において、主体的に「何に取り組むのか」を明確にし、直属上司と面接を行い、その目標の妥当性を確認し、その目標達成のための取り組みについて共通認識を持った上で、仕事に取り組んでいく制度です。
業績目標・活動(業務)目標を設定することで、仕事の目的が明確になり、上司・部下ともに共有でき、活動(業務)目標を設定することにより、(業績)目標設定のしっぱなしによるノルマ的目標管理が防止できます。目標を上司が認識した上で、「プロセス」と「目標達成度(業績)」で評価を行ないます。

「研修や教育により成長を促す環境」とは

「顧客満足店」のためには、お客様のニーズをいち早く感じとり、新しい変化を自らが起こさなくては生き残こることが出来ないと考えております。そのために今、オカダヤにとって重要かつ必要と考えられている人材とは「自ら考えて行動することができる人材」「何もしないことのリスクを確認し、躊躇せずに意思決定できるような人材」であり、その求められる人材を育成し、結集し続ける「人材育成カリキュラム」により、「資格等級」・「コース」別の集合研修を必修で行い、成長を促す環境作りをしています。

また、これからのオカダヤの発展に求められるのは「スキルは自分で創る」です。必修の「資格等級」・「コース」別の集合研修とは別に、ヤル気のある人が主体的に自分の時間を使用して自己啓発を行なうことにより、スキルアップをし、目標を達成する事が出来ると考えています。そのような意欲のある社員こそ、オカダヤが必要とする人材です。

各研修は、状況に応じて新しいプログラムを加え、常にその内容の充実をはかっています。
また、年何回か接客や商品に関する研修を行い、早期育成にも力を入れています。