okadayaokadayahobbyscramblemano creareintesucre

okadayaカレンダー2016「maman・手芸のあるたのしい生活」 | 手芸用品・手芸材料の販売/専門店オカダヤ

手芸用品・手芸材料の販売/専門店オカダヤ[okadaya 新宿]

 

          

2016年がスタートして約3週間。
ゆったりとしたお正月が終わり、気がつけばあっという間にまたスピード感のある日々に。
忙しく時間に追われる時、mamanさんのカレンダーを眺めて、季節感を味わっていただければと思います。

今回は、mamanさんがつくって下さった、表紙+12ヶ月の全作品を、改めてお披露目いたします。
最後には、mamanさんから感想と皆さまへのメッセージを伺いました。
どうぞご覧ください♪


表紙「表紙だよ!全員集合!」


1月「新年から温泉三昧」


2月「スケートは久しぶり」


3月「花集め」


4月「お花見」


5月「大空の彼方へ」


6月「梅雨時の楽しみ方」


7月「南の島の休日」


8月「異国で見た花火」


9月「週末の楽しみは、キャンプ」


10月「ロンロンの栗拾い」


11月「晩秋」


12月「ロッヂでメリークリスマス」

今思えば、制作の期間は短いようで長く、楽しくもあり、苦しみの期間でもありました。
○月という抽象的な課題を具体化し、一枚の絵にするという作業は、
今まで何気なく制作をしてきた私にとって簡単なものではありませんでした。
でも、家族の協力も得て、なんとか完成し、今こうしてカレンダーとなった作品たちを眺めると、本当に感無量です。

長きにわたり、「カレンダー制作記」をご覧いただき本当にありがとうございました。

この「カレンダー制作記」は初の試みで、オカダヤスタッフの発案で、私とスタッフの皆さんとのキャッチボールで生まれました。
カレンダー制作とは別にこの企画を提案されたとき、正直言って、制作の過程を公表することには少しばかり抵抗がありましたが、スタッフの熱意に負けてしまいました。
制作が進むにつれ、行き詰ったり、作り直したりで、スタッフの皆さんには随分ハラハラドキドキさせたのではないかと思います。
そんなところもこの「制作記」にはすべて載っています。

私だけでなく、過去のオカダヤのカレンダー制作に携わった多くの作家さんたちもきっと12ヶ月のカレンダー一枚一枚に色々な想いを込められたはずです。
幸いにも私はその想いを文章にすることも許されたので、まるで12ページ(13ページ)の絵本を1冊完成させたような感慨に浸ることができました。

連載はこれで終わりますが、時々はお好みの「バックナンバー」をクリックしてみてください。
ロンロンやカメキチたちがきっと語りかけてくると思いますよ。

まだ「カレンダー制作記」をご覧になられていない方は、ぜひカレンダーと併せて「カレンダー制作記」をご覧ください。
毎月のテーマや制作過程、その月のカレンダーに込めた想い、などがユーモラスに語られています。
また、付録の「手作りポストカード」は、モチーフがカード3~4通分はありますので、ぜひ楽しんで作っていただけると嬉しいです。


(mamanさんから届いた年賀状。付録を使用)

このカレンダーとともに過ごす1年が、皆様にとってちょっぴり楽しい1年になりますように。

【編集後記】

この連載は、mamanさんとご家族の手芸にまつわるエピソードを聞いたことをきっかけに、スタートしました。
ストイックに、テーマと格闘しながらも、ユーモア溢れる作品を生み出すmamanさん。
次々に届く作品とお話を読むうちに、私たち
はすっかりmamanさんのファンになってしまいました。
ロンロンとカメキチの物語りは、1年間のすべての月を魅力的にしてくれています。

お読み下さった皆さまのものづくりの背後にも、きっと色々なきっかけとお話があることと思います。
皆さまの「手芸がある生活」がよりたのしく充実したものになりますように、 okadaya・HOBBYSCRAMBLE・mano creare はスタッフ一同これからもお手伝いさせていただきます。

まだ、はじまったばかりの2016年。
絵本のように、時折り、そして繰り返し、 ロンロン・カメキチの可愛らしくちょっぴりヘンテコな物語りを読みに来て下さいね♪

 

バックナンバー